2019年05月14日

第15・16期代表選挙の第二次投票期日延長のお知らせ

日本アメリカ史学会会員のみなさま

第15・16期代表選挙の第二次投票に関連して、「メーリングリストでの告知が届かなかった」「公式サイトを見ても、候補者リストを閲覧できなかった」という声が一部の会員の方から寄せられました。

そこで、二次投票の候補者リストをあらためて掲載するとともに、締切を若干延長いたします。二次投票をまだ済ませていない方は、以下のリンクより二次投票候補者リストを閲覧し(パスワードは以前と同じ、以前送付した要領に記載されているものです)、候補者の名前を記載した投票用紙2種を内封筒(氏名等は書かないでください)に入れて、送付用封筒で送付してください。

http://www.jaah.jp/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%8F%B2%E5%AD%A6%E4%BC%9A16-17%E6%9C%9F%E4%BB%A3%E8%A1%A8%E4%BA%8C%E6%AC%A1%E5%80%99%E8%A3%9C.pdf

新しい締め切りは、5月17日(金)必着とさせていただきます。

選挙運営に関連して、たびたび会員の皆様にご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。


兼子 歩
日本アメリカ史学会運営代表

2019年05月04日

博士論文・アメリカ史関連著書に関する情報提供のお願い(『アメリカ史研究』42号)

『アメリカ史研究』第42号(2019年8月刊行予定)では、2018年度内に学位を取得した会員の博士論文一覧および2018年度内に会員が著者・共著者・翻訳者として出版されたアメリカ史関連の書籍の一覧を掲載します。学位取得された会員、著書を出版された会員は、以下のように編集委員会までメール(editors★jaah.jp, ★を@に変換)にてお知らせ下さい。

※博士論文
・2018年4月~2019年3月のあいだに博士論文を提出し学位を取得された会員は、以下の情報を編集委員会までメールにてお知らせください。締切りは、5月31日(金)といたします。
(1) 論文提出者の氏名
(2) 論文提出先の大学および研究科
(3) 学位取得年月
(4) 論文タイトル
(5) 論文要旨(400字以内)

※アメリカ史関連書籍
・2018年4月~2019年3月のあいだにアメリカ史関連の書籍(単著書、論文集、翻訳を含む)を刊行された会員は、以下の書式(総頁数と税抜き価格をお含み下さい)で編集委員会までメールにてお知らせください。締切りは、5月31日(金)といたします。

小野沢透『幻の同盟——冷戦初期アメリカの中東政策 上巻』(名古屋大学出版会、2016年)、650頁、6,000円
平体由美、小野直子編著『医療化するアメリカ——身体管理の20世紀』(彩流社、2017年)、263頁、2,500円
樋口映美訳、ホリス・ワトキンズ、C・リー・マッキニス著『公民権の実践と知恵―アメリカ黒人 草の根の魂』(彩流社、2019年)、420頁、4,800円

2019年04月02日

第16回年次大会自由論題報告者募集延長のお知らせ

日本アメリカ史学会運営委員会は、第16回年次大会の2日目(2019年9月22日)に設けられる自由論題セッションの報告者募集を延長することを決定いたしました。

報告をご希望の方は、以下の(1)〜(9)の情報を記載したファイルを電子メールに添付し、「大会報告応募」と題して2019年4月21日(日)までに事務局までお送りください。

ファイル形式の指定はありません。皆様の積極的なご応募をお待ちしております。

第16回日本アメリカ史学会年次大会
日時:2019年9月21日(土)、22日(日)
自由論題セッションは2日目(9月22日)午前に開催されます。
場所:福岡大学

(1)氏名
(2)所属
(3)連絡先住所
(4)電話番号
(5)メールアドレス
(6)報告タイトル
(7)報告要旨(1,500字程度)
※ 問題の所在、先行研究との関係、分析方法、オリジナリティなどがわかるようにまとめてください。
(8)文献目録(一次史料、主要な二次文献)
(9)主要関連業績

提出先メールアドレス: office★jaah.jp
(星の部分を@に置き換えてご利用ください)

2019年03月10日

第44回例会・修士論文報告会のお知らせ

日本アメリカ史学会では以下の要領で第44回例会・修士論文報告会を予定しております。 若手研究者の研究成果をめぐり、多くの会員のみなさまに議論に加わっていただければと思います。 年度はじめのご多忙中のところ恐縮ですが、是非ご参会ください。

日時:2019年4月13日(土)14時~17時25分
場所: 〒112-8681 東京都文京区目白台2-8-1 日本女子大学目白キャンパス
アクセスマップ:https://www.jwu.ac.jp/unv/access.html
キャンパスマップ:https://www.jwu.ac.jp/unv/about/building/campusmap.html#anchor_01

第1会場(百年館 201号室)

14:00~14:05
挨拶・趣旨説明

14:05〜15:05
報告者:阿部啓 (筑波大学)
タイトル:"White Methodists and Race Relations in Jackson, Mississippi in the Early 1960s"
コメンテーター:樋口映美(専修大学)

15:15〜16:15
報告者:三間美知太郎(大阪大学)
タイトル:「カントリー・ミュージックにおける白人性構築――大恐慌期アメリカ中西部における人種と音楽」
コメンテーター:藤永康政(日本女子大学)

16:25〜17:25
報告者:中谷可惟(立命館大学)
タイトル: 「ジャズ・アルバムの古典化と批評 ―― Kind of Blue (1959)を例に」
コメンテーター:生井英考(立教大学)

第2会場 (百年館 202号室)

15:15〜16:15 (*開始時間にご注意下さい)
報告者:瀬戸あゆみ(立教大学)
タイトル:「19世紀後半カリフォルニアにおけるスペイン支配の記憶――フニペロ・セラ「聖人化」の過程」
コメンテーター:野口久美子(明治学院大学)

16:25〜17:25
報告者:木村智(東京大学)
タイトル:「19世紀末米国キリスト教の自己意識の変容と「ホワイトネス」――比較神学と万国宗教会議を事例として」
コメンテーター:小檜山ルイ(東京女子大学)


第3会場(百年館203号室)
15:15〜16:15 (*開始時間にご注意下さい)
報告者:中村祥司(東京大学)
タイトル:「アメリカ軍人福祉国家の確立過程に関する準備的一考察(1917-1944年)――第一次世界大戦後における動員解除の失敗から1944年復員兵援護法の成立へ」
コメンテーター:佐藤千登勢(筑波大学)

16:25〜17:25
報告者:齋藤崇治(東京大学)
タイトル:「アメリカ大統領による共同規則制定の活用と議会の迂回」
コメンテーター:松本俊太(名城大学)

(以上敬称略、報告者の所属は2019年2月末のもの)

* なお、会場校の日本女子大学文学部英文学科より、共催のご協力を頂いております

--------------------------------------------------------------------------------------------
例会終了後、懇親会を行いますので、是非ご参加ください。大勢の皆さまのご参加をお待ちしております。

お手数ですが、懇親会に参加される方は、こちらから4月5日(金)までに登録をお願いいたします。懇親会費は、当日会場でお支払い頂き、A会員、もしくは非会員(一般)4500円、B会員、もしくは非会員(院生) 3000円を予定しています(例会のみのご参加の場合、登録不要です。)

2019年02月12日

第16回年次大会自由論題報告希望者募集

日本アメリカ史学会では、第16回年次大会を、2019年9月21日(土)・22日(日)の2日間、福岡大学で開催いたします。今回も2日目の午前に自由論題セッションを設けます。つきましては、自由論題での報告希望者を公募いたします。

2日目の自由論題セッションでのご報告を希望される方は、 以下の情報を明記のうえ「大会報告応募」と題して、 2019年3月31日(日)までに、電子メールでお申し込みください。運営委員会で提出資料を検討し、結果を後日通知いたします。ご希望に添えない場合もありますので、その旨あらかじめご了承ください。

大学院生会員(遠隔地の方で、所属大学等の機関あるいは何らかの学術研究費から旅費の支給または補助を受けることのできない方)には、当学会より規定の旅費補助が出ます。また、現在非会員の方も、ご入会いただければお申込みいただくことができます。

皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

日本アメリカ史学会運営委員会


-----------------------------記-----------------------------
日本アメリカ史学会第16回年次大会 自由論題報告の募集

以下の情報を記載したファイルを電子メールに 添付し、「大会報告応募」と題して2019年3月31日(日)までにお申し込みください。ファイル形式の指定はありません。

1) 氏名:
2) 所属:
3) 連絡先住所:
4) 電話番号:
5) メールアドレス:
6) 報告タイトル:
7) 報告要旨(1500字程度):
【問題の所在、先行研究との関係、分析の方法、結論のオリジナリティがわかるようにまとめてください。】
8) 文献目録(一次史料+主要二次文献):
9) 関連業績:

*お申し込み先:日本アメリカ史学会事務局
 メールアドレス:office★jaah.jp
       (★の部分を@に置き換えて下さい)

-----------------------------以上-----------------------------

2019年02月06日

業務委託先変更につきまして

日本アメリカ史学会会員の皆さま

昨年9月の年次大会の折に開催された総会でもご報告申し上げましたように、これまで当学会の業務の委託先であった「学協会サポートセンター」が、2019年3月を持って解散の運びとなることが明らかになりました。これを受けて、運営委員会は新しい学会業務委託先として「毎日学術フォーラム」と契約を締結いたしました。

本日より、会員情報の管理、代表選挙の運営、会誌の販売と領収証の発行、会費請求などの業務は、毎日学術フォーラムが事務局として担当することになります。以下は新事務局の連絡先です。

 〒100-0003
 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル9F
 株式会社毎日学術フォーラム内
 日本アメリカ史学会
 maf-jaah★mynavi.jp
 (★の部分を@に変更してご利用ください)
 TEL : 03-6267-4550 FAX : 03-6267-4555

これにともなって、本日以降の会費の納入先は以下の通り変更になりますので、今後会費を納入される会員の方は、以下の口座をご利用ください。

 ゆうちょ銀行 パレスサイドビル内 支店
 口座名称 日本アメリカ史学会(ニホンアメリカシガッカイ)
 00140-1-635532

ゆうちょ銀行以外の他行口座から会費振込をされる場合は、以下の口座名をご利用ください。
 ゆうちょ銀行 〇一九(ゼロイチキユウ)店 当座 0635532

なお、委託先の変更に伴う諸般の事情から、これまでの口座は完全に閉じることになります。振込先を登録されている会員の方は、お手数ですが、ご変更をお願いします。

以上の情報は、会員の皆さまには封書でも、あらためてご通知差し上げます。今後、事務局の移行にともない、なにかとご迷惑をおかけすることもあるかと存じますが、ご容赦ください。今後とも日本アメリカ史学会を何卒よろしくお願い申し上げます。


2019年2月6日
日本アメリカ史学会 運営委員会
代表 兼子 歩

続きを読む "業務委託先変更につきまして" »

2019年01月27日

第43回例会(12月例会)記録

日本アメリカ史学会会員の皆様

2018年12月に開催されました第43回例会(12月例会)
の例会報告をアップロードいたしました。

ファイルはこちらからダウンロードできます。

日本アメリカ史学会運営委員会


2019年01月23日

第44回例会「修士論文報告会」報告者の募集

会員各位

日本アメリカ史学会では、第44回例会(修論報告会)を2019年4月13日(土)に日本女子大学目白キャンパスで開催いたします。

報告資格は、2018年度末に修士号を取得予定の大学院生、ないしは修士号を取得済みでまだその内容を論文・学会報告などの形で公には発表していない方です。

報告を希望される方は、以下の(1)から(7)の情報を記載したファイルを電子メールに添付し、 2019年2月28日(木)までに「修士論文報告会応募」と題してお申し込みください。ファイル形式の指定はありません。 申込者多数の場合は、お送りいただいた修士論文要旨を運営委員会にて選考し、報告者数を限らせて頂きますので、ご希望に添えないこともございます。その点、あらかじめご了承ください。

本学会未入会の方でも、報告申し込みとあわせてご入会いただければ受け付けいたしますので、身近にそのような方がいらっしゃる場合は、ぜひお声をかけていただければと思います。

なお、関東以外の地域の会員が報告される場合には、当学会より規定の旅費補助が出ます。

日本アメリカ史学会運営委員会

---------------------------------記--------------------------------------

日本アメリカ史学会第44回例会「修士論文報告会」報告者の募集

報告資格:
1) 2018年度末に修士号を取得予定の大学院生
2) 修士号を取得済みでまだその内容を論文・学会報告などの形で公には発表していない方

以下の(1)から(7)の情報を記載したファイルを電子メールに添付し、 2019年2月28日(木)までに「修士論文報告会応募」と題してお申し込みください。ファイル形式の指定はありません。

1) 氏名
2) 所属
3) 連絡先
4) 電話番号
5) メールアドレス
6) 修士論文のタイトルと要旨(2000字以内)
7) コメンテーターの希望と、その理由(第2希望まで)

お申し込み先:
メール:office★jaah.jp
   (★を@に置き換えてご送信下さい)

2018年11月21日

第15回日本アメリカ史学会年次大会の報告ができました

日本アメリカ史学会会員のみなさま

第15回日本アメリカ史学会大会の報告を作成しました。
こちらからご覧いただけます。

日本アメリカ史学会運営委員

2018年11月17日

日本アメリカ史学会第43回例会のお知らせ

日本アメリカ史学会第43回例会開催のお知らせ

日本アメリカ史学会では、12月例会(第43回例会)を下記の通り開催いたします。年末のお忙しい時期かと思いますが、ふるってご参加ください。また例会終了後、会場周辺にて恒例の懇親会(忘年会)を行いますので、こちらも是非ご参加ください。懇親会参加フォームを記載しております。こちらから参加受付をいたします。

大勢の皆さまのご参加をお待ちしております。

日本アメリカ史学会運営委員会

---------------------------------------記------------------------------------------------
テーマ:初期アメリカ史研究の新潮流
日時:2018年12月22日(土)14:00〜17:40
場所:日本女子大学 目白キャンパス 百年館203号室
アクセスマップ:
https://www.jwu.ac.jp/unv/access.html
キャンパスマップ:
https://www.jwu.ac.jp/unv/about/building/campusmap.html#anchor_01

報告
笠井俊和(群馬県立女子大学)「初期アメリカの船員と貿易の社会史」
鰐淵秀一(共立女子大学)「17,18世紀デラウェア渓谷地域における植民と環境:帝国の役割に注目して」(仮)

コメント
小塩和人(上智大学)
高橋均(東京外国語大学)

懇親会 18:00〜20:00

お手数ですが、懇親会に参加される方は、https://goo.gl/forms/dJxZu7zcNEV23HFA3より12月14日(金)までに登録をお願いいたします(例会のみのご参加の場合、登録不要です)。懇親会費は、当日会場でお支払い頂き、A会員もしくは非会員(一般)4500円、B会員もしくは非会員(院生)3000円を予定しています。

*なお、会場校の日本女子大学文学部英文学科より、共催のご協力を頂いております。


Since May 13, 2007
Powered by
Movable Type 3.34