« 2018年06月 | メイン

2018年07月 アーカイブ

2018年07月19日

第40回例会(2017年12月例会)ならびに第41回例会(2018年4月例会)の例会記録

第40回例会(2017年12月例会)ならびに第41回例会(2018年4月例会)の例会記録を作成しました。

第40回例会(2017年12月例会)の記録はこちらから、第41回例会(2018年4月例会)の記録はこちらからご覧ください。

日本アメリカ史学会

日本アメリカ史学会 第42回例会のお知らせ

日本アメリカ史学会会員の皆さま

7月28日(土)に日本女子大学目白キャンパス開催される第42回例会「初期アメリカ史研究の新潮流」が近づいてまいりました。学期末のお忙しい時期かと思いますが、ぜひ多くの方に議論に加わっていただけたらと思っております。なお、会場校の日本女子大学文学部英文学科より、共催のご協力を頂いております。

日本アメリカ史学会運営委員会
---------------------------------------記------------------------------------------------

日時:7月28日 14時〜17時40分
会場:日本女子大学目白キャンパス 百年館 206号室
アクセスマップ:https://www.jwu.ac.jp/unv/access.html
キャンパスマップ:https://www.jwu.ac.jp/unv/about/building/campusmap.html#anchor_01

テーマ:「初期アメリカ史研究の新潮流」

報告者:
笠井俊和(群馬県立女子大学)「初期アメリカの船員と貿易の社会史」 (仮)
鰐淵秀一(共立女子大学) 「17, 18世紀デラウェア渓谷地域における植民と環境ー帝国の役割に着目して」 (仮)

コメンテーター
増井志津代(上智大学)
高橋均(東京外国語大学)


例会終了後、懇親会を行います。こちらも大勢の皆さまのご参加をお待ちしております。

懇親会に参加される方は、 お手数ですがhttps://goo.gl/forms/JzxBYNVYqK0U7jzv2から7月20日(金)までに登録をお願いいたします。懇親会費は当日会場でお支払い頂き、A会員、もしくは非会員(一般)6000円、B会員、もしくは非会員(院生) 5000円を予定しています(例会のみのご参加の場合、登録不要です)。

2018年07月27日

第42回例会(2018年7月28日)台風に伴う措置について

7月28日(土)14時より開催予定の日本アメリカ史学会第42回例会につきまして、関東への台風接近に関わるご連絡です。

運営委員会では、開催地の豊島区地域に暴風警報が発令されている、もしくは例会開催時間中に暴風警報発令が予見される場合を除き、予定どおり開催することにしております。開催の可否や詳細は、28日の午前8時までに、学会メーリングリストとホームページでお知らせいたします。

なお、開催取りやめとした場合、今後の予定については追ってご連絡いたします。

日本アメリカ史学会運営委員会

2018年07月28日

台風に伴う例会中止のお知らせ

台風に伴う例会中止のお知らせ

2018年7月28日(土)に開催を予定しておりました、アメリカ史学会第42回例会ですが、
台風12号の接近にともなう暴風、豪雨による交通機間の乱れの恐れがありますため、
みなさまの安全を考慮し、やむなく中止とさせて頂きます。

参加予定の皆様におかれましては、直前のご案内となりましたことを、お詫び申し上げます。
今後の例会開催予定につきましては、追って詳細をご連絡いたします。

日本アメリカ史学会運営委員会

2018年07月31日

日本アメリカ史学会 研究支援グラント募集要項

下記の要領で「日本アメリカ史学会研究支援グラント」への募集を行います。厳正な審査を経て採択された1名の会員に対して、調査費扶助を目的とした10万円の補助金を付与します。


1.申請資格
・修士号以上を持ち、かつ専任職に就いていない会員であること。

・日本学術振興会研究員ポストを含む他のグラントの受給歴がある場合は、その旨を申告すること。本事業には、他のグラントの受給歴のある会員の応募も可能であるが、審査にあたっては受給歴を含めて総合的な判断をおこなう。

・申請時において入会後2年度を経過しており、申請時に滞納会費のないこと。


2.申請手続き
・以下の「研究支援グラント申請書」に必要事項を記入し、署名をした上で、学会事務局(office@jaah.jp)にメール添付で提出すること。
・メールの件名には「研究支援グラント応募」と記入すること。
・応募期間 2018年7月31日(火)~ 9月2日(日)

「研究支援グラント申請書」はここからダウンロードしてください。

3.審査
・審査には、日本アメリカ史学会運営委員会が設置するグラント審査委員会が当たる。グラント審査委員会は、運営委員会以外の会員2名および運営委員3名から成る。
・2018年9月中に申請者に対して結果を通知する。
・審査結果は、2019年度大会時の総会において審査過程の説明とともに会員に報告する。
・なお、応募があっても支給該当者なしとなることもある。

4.採択後の手続き
・採択者1名に対して、本年度年次大会後すみやかに補助金全額(10万円)を交付する。
・採択者は、2019度年次大会までに調査を完了し、報告書および必要な領収書を提出すること。
・調査成果を論文として発表する際には、「日本アメリカ史学会研究支援グラント」を受給した旨を記載し、運営委員会にも報告すること。
・何らかの事情で調査がなされない場合、運営委員会が研究に必要とみなせないと判断する支出があった場合、また使途不明な支出があった場合には、グラント交付金全額を返還すること。

以上

日本アメリカ史学会運営委員会

About 2018年07月

2018年07月にブログ「日本アメリカ史学会」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2018年06月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34