メイン

3. 編集委員会からのお知らせ アーカイブ

2016年11月03日

『アメリカ史研究』第40号編集委員会からのお知らせ

『アメリカ史研究』第40号(2017年刊行)の原稿を、下記の要領にて募集
いたします。ふるってご投稿ください。

*自由投稿論文
どうぞふるってご投稿ください。締め切りは2016年11月25日(金)です。
執筆要項をご覧ください。


*特集論文
『アメリカ史研究』第40号に関して、「「外」から捉え直すアメリカ史」(仮)」というテーマで、論稿を募集します。2017年は、アメリカ史研究会の発足から数えて、40周年という記念すべき年になります。 それを踏まえて特集も、個別の実証研究であると同時に、従来のアメリカ史研究を問い直す試みを歓迎します。テーマの「外」には、アメリカ史を一国史としてではなく、世界史の枠組みで捉え直してみたらという思いがあり、それによって新たな方向性を示しうるものを期待してのことです。

「外」というのはやや抽象的ですが、それだけに様々な「外」を想定しています。例えば、地理的な「外」という意味では、諸外国との関係や影響を問い直す試みや、外部との人・モノ・ことの移動ネットワークを明示するものや、アトランティック・ヒストリーをはじめとする海域からの射程によるものなどが上げられます。また、東西と南北の「外」と接する国境地域における「外」との相互関係や、「外」と越境するものなどの特徴を比較検証するのも一考です。さらには、地理的な「外」から目を転じて、「内」に包摂される「外」、例えば、マイノリティの経験した「国内植民地」的な過去を問い直すこともあるでしょうし、また、実体としても、認識面でも、われわれの生活空間を取り巻く「外」である「環境」といった側面からのアプローチも可能性を秘めています。刺激的な「外」を提示する論稿をお待ちします。


枚数は400字詰め50枚(2万字)程度
締め切りは2017年3月10日(金)です。


*注意事項
投稿申し込みの際には、原稿の題目・要旨、投稿者の氏名・所属・連絡先(住所・電話番号・メールアドレス)を明記してください。(申込のフォーマットはありません。)申し込みは、下記のメールアドレスに添付ファイルとして送付するか、ハードコピーを学会事務局に送付してください。なお、編集委員会からの受領通知をかならずご確認ください。先般、いくつかのメールサービスからの連絡が届かない事故がありました。

編集委員会Eメールアドレス: editors★jaah.jp
(送付の際は★の箇所に@を挿入してください)。

学会事務局宛先:
〒231-0023 横浜市中区山下町194-502
学協会サポートセンター内
日本アメリカ史学会事務局


日本アメリカ史学会編集委員会

2012年10月02日

自由投稿原稿(論文・研究ノート・研究動向)の執筆要項について

『アメリカ史研究』の自由投稿原稿の執筆要項を改訂いたしました。こちらをご参照ください。


日本アメリカ史学会編集委員会

『アメリカ史研究』学術記事の註記法について

『アメリカ史研究』の特集論文および自由投稿(論文・研究ノート・研究動向)の註記に関する執筆要領を改訂いたしました。『アメリカ史研究』に掲載する学術的記事を執筆される場合には,必ずこちらをご参照ください。


日本アメリカ史学会編集委員会

2012年03月08日

編集委員会から重要なお知らせ

自由投稿論文について、次々号(来年[2013年]夏刊行予定の第36号)から、締め切り・制限枚数を次のように変更します。

【締め切り】
・従来1月中旬だった締め切りを11月末に前倒しする。
[理由]査読および修正のための十分な時間を確保するため。

【制限枚数】
・現行の原稿用紙70枚(28,000字)程度から同80枚(32,000字)程度に引き上げる。
[理由]分量に余裕をもたせることで、論文の内容がより充実することを期待して。

【付記】
・投稿に際しては、推敲を経た「完成原稿」を提出するようにしてください。
・字数、表記、構成などの点で、投稿論文としての要件を満たしていなければ、受理しないこともあります。

募集の詳細については追ってご連絡します。奮ってご投稿ください。

2012年3月3日
『アメリカ史研究』編集委員会