« 第19回年次大会プログラムについて | メイン | 【日本アメリカ史学会編集委員会】第46号自由投稿原稿募集のお知らせ »

年次大会当日の託児補助のご案内

日本アメリカ史学会会員のみなさま


日本アメリカ史学会大会では、年次大会当日に一時保育・ベビーシッター等を利用する大会参加者に対して、本人からの申請に基づき費用の一部を補助いたします。概要は下記の通りです。

対象期間:

年次大会が開催される2日間

対象となる子ども:

小学校入学前の未就学児

補助金額:

大会2日間で、託児人数1名につき上限3,000円とします(託児日数が1日でも2日でも支給金額は変わりません)。

例:

3人託児(1日)の場合:3,000×3=9,000円

2人託児(2日間)の場合:3,000×2=6,000円

※託児料金が3,000円に満たない場合は、支払金額までを補助対象とします。

申請方法:

大会前日までに、メールに以下の情報を記入し、運営委員会(officeアットマークjaah.jp)までお送りください。

1)お名前

2)ご所属

3)メールアドレス

4)託児サービス利用日

5)利用する事業者名

6)利用する事業者の連絡先

補助金の支払い方法:

申請した方は、大会当日または後日、アメリカ史学会運営委員会まで、託児サービス事業者からの正式な領収書または請求書(託児サービスの利用日時や時間等が明記されているもの。領収書または請求書に、利用日時の記載がない場合は、予約の詳細がわかるような当該事業者のウェブサイトやメールのコピーなども添えてください)と、振込先の口座番号のご提出をお願いします。お支払いを確認した上で、後日、ご指定の口座に補助金を送金します。


日本アメリカ史学会運営委員会

About

2022年08月23日 21:53に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「第19回年次大会プログラムについて」です。

次の投稿は「【日本アメリカ史学会編集委員会】第46号自由投稿原稿募集のお知らせ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34